FC2ブログ

アジアンカフェをよろしく!

旅の夢をみよう いつかその場所を訪れるまでは  /  旅はヒーローになれる! 初めての街にはその舞台が用意されている。
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 日本へ。ハマド国際空港で乗り継ぎ。TOPカタール ≫ 日本へ。ハマド国際空港で乗り継ぎ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

日本へ。ハマド国際空港で乗り継ぎ。

33日目/34日目  2016年2月7日/8日  ワルシャワ ハマド国際空港(ドーハ) 羽田国際空港

 ノツレギ・ソーサウ(ホテル)からフレデリック・ショパン国際空港まで3kmほどである。鉄道のワルシャワStuzewiec駅までは2kmぐらい。駅から空港までの電車は20分に1本の間隔で運行されている。どちらに向けて歩くのかを決めないまま、6:30頃、チェックアウトをした。

 空港まで歩くことにした。ビンツェンテゴ・ジモフスキエゴ通りを北に歩きツィベルネティキ通りを左に折れた。途中、高架で鉄道線路をまたぐようになる。高架を下りながら歩くとジビルキ・イ・ビナリ通りと交差する。昨日、ワルシャワ中央駅から乗ったバスが走った道路である。南に歩いていくと、空港ビルに入っていく道路があった。駐車場を過ぎたところの到着ロフロアに入った。

 カタール航空のチェックイン・カウンターは開いており客は並んでいた。出発の2時間半前である。チェックインを済ませ、保全検査を受けた。カフェで休憩。

P2070003.jpg

 空港にピアノが置いてあった、だけではない。客が弾いていた。ここはショパンの冠を持つ空港である。

P2070004.jpg

 入国審査を通過した。搭乗は50分前に始まった。QR264便は定刻に飛び立った。

P2070005.jpg

P2070006.jpg

 すべての国に対応できるということはないと思うが、世界のどの国でも対応できる(コンセント)プラグを持ってきている。しかし出発直前に今回行く予定の国にたいして1つのプラグで対応できることがわかった。少しでも荷物を軽くしたかったので、世界対応のプラグのなかなら2本足のCタイプ(旧ソビエト連邦・ポーランド対応)だけを持ってきてしまった(それなら単純なCタイプだけを持ってきてもよかった)。

 そのときドーハでの乗り継ぎを忘れていた。行きの便、つまり1月6日のQR813便のハマド国際空港着は6:30、乗り継ぎのQR259便は8:55発だった。2時間25分くらいの乗り継ぎなら問題ない。しかし帰国便は次のようになっている。

 QR264便 2月7日9:40発 ワルシャワ国際空港 17:20着 ハマド国際空港
 QR812便 2月8日7:25発 ハマド国際空港   22:45着 羽田国際空港

 ハマド国際空港での乗り継ぎ時間は14時間5分である。入国すればビザ料金は発生するし、街はつまらない。かといって空港でずっと寝ているわけにはいかない。FAMILY QUIET ROOMの一席を確保し、空港泊を決め込んでいた。旅日記を進めるつもりでいたが、バッテリーだけでパソコンを稼働させなければならなくなった。ハマド国際空港には21時間滞在したことがあるので、どこにどれだけのコンセントがあるのか知っているのに残念である。搭乗フロアにある店をいくつか覗いたが、プラグ類はどこにもなさそうだった。

P2070010.jpg

 19:00頃(カタール時間)、空港中央部のフードコートで夜ご飯。カフェやレストランの食事の料金は開業当初から高かったが、なお一層高くなった気がした。

P2070011.jpg

 2016年1月6日のFAMILY QUIET ROOMは満席だったが、この日はガラガラだった。50席ほどあるのに、客は4、5人しかいなかった。この部屋が知られていないのはとてもいいことである。

P2070007.jpg

P2080012.jpg

 21:00頃、テイクアウトのコーヒーを買いに行った。FAMILY QUIET ROOMにもどる途中で発見した。

 マルチプラグ。日本のプラグもそのまま使えた。 さすがハマド国際空港。いつも期待に応えてくれる! FAMILY QUIET ROOMを出て、コンセントの場所まで移動した。

P2080002.jpg

 夜になってもドーハ国際空港の搭乗フロアには人が出入りしていたが、2:00頃には行き来する人も少なくなった。

 QR812便の客の雰囲気は異様だったかもしれない。ゲート前の、7、8人に1人はマスクをしていた。こんな光景は日本便だけである。それまで空港内を歩いていてマスクをしている人を見かけなかった。

 2月8日7:25、ほぼ定刻にQR812便は動き出した。

 羽田国際空港着は2月8日22:45である。カタールと日本の時差は6時間ある。飛行時間は9時間20分ということになる。飛行機での旅が快適になるかどうかは席のグレードに関係するが、それと同程度に乗機率の問題がある。この日は40%ぐらいだった。

P2080003.jpg

P2080006.jpg

 羽田国際空港の入国はおそらく微妙に厳しくなっている。わからないように厳しくしたといってもいいかもしれない。全員にたいしてではないかもしれないが、並んでいる人の人数にたいして列の進みは遅かった。1人当たりの入国管理を通過する時間はおそらく数秒程度長くなっているように思った。入国の係官は私のパスポートのいくつかのビザを確認していた。税関の手前に「ストップ・テロリズム」のポスターがあった。この種のポスターを税関前で見るには初めてである。ポスターの2m後ろで、荷物を開けさせられた。税関でパスポートをコピーされたのも初めてだった。

P2080002_2016020922422284e.jpg

 終了
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
Maxさん。
出張お疲れ様です。まだ韓国におられるのでしょうか?

汗をかいて食事・・とは、辛いものを食べたということなのでしょうか、私も1,2度経験があります。

韓国も随分物価が上がり特にホテル料金は高くなっているはずですが、タクシーはそれほどでもないのですかね。韓国には10回以上行っているのですが、最後に行ったのが2011年の済州島で、最近は事情に疎くなっています。私が行き始めたのは90年代の半ばです。年末年始やGWの時期は安いチケットでも6万円ぐらいしていました。

旅に出ないとブログも書けません。1年以上停止していた「よこみち・うらみち街探検隊」(首都圏街歩き)を少し書いていこうと思っています。よろしくお願いします。
2016年04月27日(Wed) 23:24
編集
初の韓国出張にきました
KTXにも乗りましたが300km/h出ていてビックリです
タクシーが安いですね、台湾より安い感じがします
カード先進国のようで、まだコインを見ていません
汗をかいて食事しましたが、代謝が良い気がします
日本から借りて来たポケットwifi の威力抜群です
とても早い
iPadで自宅のMacrTV装置経由でフルセグで地上波とBS のTVを観られるのでこのTV 装置の便利さを痛感しました
海外赴任者には絶対の必需品ですね〜
2016年04月26日(Tue) 20:17
No title
編集
Maxさん。ハマド国際空港はさすがです。マルチコンセントを初めてみました。

リュックは45リットルです。2014年の133日の旅のときもこのリュックです。それ以外にショルダーのバッグを持っています。そちらにはパソコンなどを入れています。詰め込めば、ショルダーバックをリュックのなかに入れることはできます。パンパンですけど。

2016年02月11日(Thu) 14:19
編集
無事のご帰還、お疲れ様です
新ドーハ空港は、さすが日本のゼネコン施工ですね
細かい所に手が届くようで、日本仕様のコンセントも使えて何よりでした
リュックの写真掲載ありがとうございます
まさか持参荷物はあれだけなのでしょうか?凄いです
2016年02月11日(Thu) 10:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。