FC2ブログ

アジアンカフェをよろしく!

旅の夢をみよう いつかその場所を訪れるまでは  /  旅はヒーローになれる! 初めての街にはその舞台が用意されている。
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 3つの国境を越える。ポーランド→リトアニア→ラトヴィア→エストニア。TOPエストニア ≫ 3つの国境を越える。ポーランド→リトアニア→ラトヴィア→エストニア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

3つの国境を越える。ポーランド→リトアニア→ラトヴィア→エストニア。

2日目  2016年1月7日 ヴィリニュス(リトアニア) リーガ(ラトヴィア) タリン(エストニア)

 4:10頃、ポーランドとリトアニアの国境で入国審査があった。顔写真のページを上にしたパスポートを入国審査官に渡した。愛想のよかった仕事師は私のパスポートを1枚1枚めくったが、何も言わなかった。アフガニスタン・ビザの上にゲゲゲの鬼太郎シールを貼るということを思い付いていたが、実行する勇気はない。

 6:20頃、バスが停車した。カウナス・バスステーションだった。

 8:00を過ぎても、外は真っ暗だ。誰も座席の天井にある照明を点けない。みんな寝ている。外が夜だからである。夜が明ける気配はない。

 ヴィリニュスの中心に停車したバスはさらに少し走り、8:45、ヴィリニュス・バスステーションに着いた。街の中心部からはかなり離れている。ここが終点である。荷物預かりの半券を提示しないとリュックはもどされない。誰かが勝手に人の荷物を持っていくということはないだろう。リュクエクスプレス(シンプルエクスプレス)の預かり荷物の管理はしっかりしたものだった。

P1070005.jpg

P1070002.jpg

 寒い。気温は-16℃である。外に出て何かをしようという気が失せる寒さである。昨夜バスを待っていたとき、-20℃を体験することになるとポーランド人が言っていた。ワルシャワは暖かかった。

 ヴィリニュス・バスステーションのバス発着場は広かったが、ターミナルビルは大きくはなかった。ビルのなかも暖かいわけではなかった。チケット売り場の、タイムテーブルに載っていた行き先にタリンという文字はなかった。タリナスとなっていた。リトアニア語なのだろう。ターミナルのなかの店の半分くらいはまだ閉まっていたが、カフェが2軒開いていた。そのうちの1軒でコーヒーを飲んだ。

P1070007.jpg

P1070006.jpg

P1070008.jpg

 ATMでユーロを多めに引き出した。バルト3国の通貨はユーロになっている。これだけでぐっと旅行がしやすくなる。2016年の年初から日経平均株価が下落している。それは円高を意味する。思わぬところで旅の援軍(戦力は微力)が現れた。少しはいいこともある。

 9:40頃、タリン行きのバスが入線してきた。リュックを預けて乗り込んだ。

 ヴィリニュス・バスステーションを出たバスはヴィリニュス中央駅に寄った(暗くてよくわからなかったが、ワルシャワから乗ったバスが停車したヴィリニュスの中心はここだったのだろう)。新たに乗ってきた人たちによって乗車率は100%になった。シンプルエクスプレスのバスは大きいが、車内は一気に窮屈になった。通路側の椅子を3cmほど通路のほうに移動させることができる。その分、隣の人との間隔を取ることができるようになっている。通路は狭くなり、トイレに行くときには狭い通路を通らなければならない。

 11:00頃からバスは雪景色のなかを走り続けていた。わずかに光が差したときもあったが、ほとんどは細かい雪の降るなかを走っていた。雪が景色を蔽っている。美しい景色になるはずなのだが、窓が汚れすぎていた、前面の窓を除いては。

P1070013.jpg

P1070011.jpg

 風景の奥に山らしい山はない。雪をかぶった林がずっと続いた。

 いつの間にかラトヴィアに入っていた。いつ国境を通過したのかわからなかった。

 バスはリーガ国際空港に寄ったが、誰も乗ってこなかった。寒々しい風景のなか、バスは空港のある、街の東のほうから南側に向かい、リーガの街に入っていった。川幅が5、600mほどあると思われるダウガヴァ川が凍結していた。1月の頤和園(北京)の巨大な池に張った氷の上を歩いたことがあるが、この川の上も歩けそうだ。街に入っても雪は残っていた。今日のリーガは最高気温-13℃、最低気温-23℃である。こんな時期に来るんじゃなかった、と思った。

P1070016.jpg

P1070015.jpg

 リーガ駅の南西にあるリーガ・バスステーション(Riga Coach Station)にバスが着いたのは14:30である。ヴィリニュスからリーガまでの200kmの所要時間は4時間半だった。

P1070020.jpg

P1070017.jpg

 新しい乗客を乗せてバスは走り出した。

 16:10頃、西のほうが薄っすらと茜色になっていた。陽が沈む時間らしい。わずかに明るいのは西の空だけで、バスのなかも外も真っ暗である。

 ラトヴィアからエストニアに入った。いや、知らないうちに入っていた。入国審査のない国境がどこかわからなかった。ましてバスは暗闇のなかを走っていた。

 17:15、パルヌに入った。パルヌ・バスステーションに着いたのは17:15だった。

 ここからは最終目的地のタリンに向けて走るだけである。タリンはこの旅の最北端の街である。つまり今回の旅でもっとも日が短い街である。

 タリン・バスステーション(Tallinn Coach Station)に着いたのは19:20だった。今まですべての街に10分ほど早く着いていたのに最後だけは遅れた。おそらく雪のせいだろう。

P1080022.jpg

 早くゲストハウスに行きたいが、明日のバスの発車時刻を確認しておく。タルトゥまでは1時間に1本の頻度でバスがあるようだ。所要時間は2時間30分ほど。

 タリン・バスターミナルを出た。奥のほうにトラムが見えた。電停の近くにいた人にタリンの中心部の方角を尋ねた。その方向に向かう4番のトラムに乗った。2番に乗っても市の中心部に行くことはできる。

 2両編成のトラムの車内に、いるはずの車掌がいない。チケットをどこで手に入れればいいのかを乗客に尋ねた。前のほうに行って、運転士に声を掛けろと言われた。トラムの運転台と乗客の乗るスペースはガラスの扉で仕切られているのだが、下のほうに運転席からも乗客側からも開閉できる小窓がある。チケットを持っていない客はその小窓を開けてお金を入れる。運転している最中の運転士はその対応をできないが、次の電停に止まったときに窓口に入れたお金を取り、チケット(とお釣り)を窓口に置いてくれる。乗客は小窓を開けそれを受け取る。そういう仕組みである。

 乗客は一番前から乗車していた。乗車した電停にトラムがまだ止まっているときに、チケットを買ってしまうのである。それを知らずに車掌を探して最後尾まで行ってしまった私だけが、次の電停に停車したときにチケットをもらうことになったのだ。車掌から買えと書いてあるのはまちがいということになる。

 トラムは繁華街に入った。大きなビルがあった。ヴィルという文字が見えた。ヴィルホテルらしい。そこで降りた。ホテルではなくヴィルの商業施設らしかったが、少し先にヴィルホテルがあった。持ってきた「地球の歩き方」の市街地図のなかに入ったことがわかった。

P1080023.jpg

 パスワードフリーのWifiの電波はタリンの路上には飛んでいなかった。スマートフォンの地図は使えなかった。エストニアの首都タリンには、EUのIT関連組織の本部が置かれている。議会ではノートパソコンを使い、選挙ではインターネットが利用されている。インターネットは相当普及しているはずだが、スマートフォンのマップを見ながらどこかに行くというのはまだのようだ。

 歩いている先のほうにイルミネーションが施された大きな門が見えてきた。ヴィル門らしい。

P1080024.jpg

 その先に旧市庁舎の建物があった。ラエコヤ広場に出た。いくつもある屋台を無視して、広場の西側の細い通りを進んだ。私はそれなりに急いでいた。突き当たったところに「旅の家」があった。

P1080025.jpg

 ブッキングドットコムで予約したこのゲストハウスはたまたま「地球の歩き方」に外観の写真が載っていた。建物に表札はなかったので、その写真がなければ、場所を特定できなかった。入り口の鍵は閉まっていた。すぐあとにやってきた中国人の宿泊客が鍵を開けてくれた。

P1080041.jpg

 チェックインの受け付けは20:00までと、ブッキングドットコムには記載されていた。20:00~21:00に着くというメッセージを送ってあったが、返事はなかった。チェックインしたのは20:10だった。日本人オーナーが出迎えてくれた。23:00頃まではレセプションにいるらしい。

 小さいゲストハウスにはチェックイン時間が制限されているところがある。日本にもある。これはやっかいなことなのだ。ブリスベン(オーストラリア)のゲストハウスでは、スタッフが他の宿泊客に、時間に遅れてやってくる私のチェックインをサポートするように伝達してあった。ゲストハウスは必ずチェックイン時の支払いとなっているが、そのときは宿泊料を翌朝のスタッフ到着時に支払った。こういう場合、早くチェックアウトしたいので鍵を置いていくということができなくなる。「旅の家」を予約する際にいくつかのゲストハウスをチェックしたが、タリンにはチェックインの時間制限を設けているところは多かった。今がオフシーズンだから、ということもあるのだろう。

 スタッフは外国人らしい。今日の宿泊者に日本人はいないようだった。冬場で宿泊客が少ないだろうというのはこのゲストハウスには当てはまらない。私の泊まった8人部屋のベッドは全て埋まっていた。

P1080042.jpg

 外に出てみた。ラエコヤ広場の屋台は魅力的だったが、寒すぎた。

P1080026.jpg

P1080028.jpg

P1080029.jpg

P1080040.jpg

 少し歩いてCAFFE CENTRALEに入った。

P1080030.jpg

 ピザ・ハワイアンとビール。ハワイアンは今まで食べたなかでもっともうまくなかった。雑な感じのピザだった。ピザ自体に雑な要素はあるのに、さらに雑にしてしまった感じだった。ビールはSAKUビール。エストニアの老舗ビールである。まだタリンを少し歩いただけだが、SAKUビールの看板を2つほど見た。タリンまでのバスのなかでグーグルマップを見ていたときに、タリンの南15kmにあるSAKUという町を見つけていた。「旅の家」のベッドの上で、ストリートビューを動かしてみたが、ビール工場は見つからなかった。道路が多いわりに、家は少なかった。高くないアパートがちらほらとある町だった。

P1080033.jpg

P1080035.jpg

P1080039.jpg
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
Maxさん。

フード付きのダウンコート(日本で厚着をしないので捨てようかなと思っていた5年ほど前のもの。捨てないでよかった)、フリーズ素材のインナー、手袋、マフラー、防水を兼ねたブーツっぽい厚底の靴(おそらく地面から遠ざかれば遠ざかるほど水はしみこまないし、冷たくはない)といった感じです。

靴の裏に付ける、滑り止めを買ってきましたが、今のところ使っていません。雪が多ければ、付けたほうが滑りにくくなると思います。防寒をどうするかについては、けっこう悩みました。
2016年01月10日(Sun) 16:50
編集
寒中お見舞い申し上げます

寒い写真ですが、素敵なお店もあってよいです
防寒の服装はどんな感じですか?
2016年01月09日(Sat) 19:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。